×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ミニプラ ゴーカイジャーロボシリーズ
海賊合体 豪獣神(ごうじゅうじん)
機体解説(説明書より)
スーパー戦隊シリーズ第35作「海賊戦隊ゴーカイジャー」に登場するゴーカイシルバー専用ロボ・豪獣神(ごうじゅうじん)がミニプラで登場。
全3種類を集めることで豪獣神が完成。
さらに、別売のミニプラゴーカイオーと組み合わせる事もできます。
もちろん、近年のミニプラならではの広い可動範囲も持っています。


豪獣神
豪獣レックスが変形した爆竜(ばくりゅう)戦闘型巨大ロボ。
コックピットにアバレキラーのレンジャーキーをセットすることで発動するアバレンジャーの大いなる力である。
その姿はかつて、アバレンジャーと共に戦った3体の爆竜(ティラノサウルス、トリケラトプス、プテラノドン)が合体した戦闘巨人アバレンオーを髣髴とさせる(アバレンオーの場合、左腕がドリル)。
必殺技はドラゴンレンジャー・タイムファイヤー・アバレキラーの3つのレンジャーキーを順にセットし、3形態に分身してドリル攻撃を同時に叩き込む豪獣トリプルドリルドリーム
さらなる必殺技として、右腕のドリルを高速回転させながら突進して対象を貫くゴーカイ電撃ドリルスピン(アバレキラーのレンジャーキーのみで発動)と、高速回転しながら黒い稲妻を纏ったドリルで敵を斬り裂く豪獣鋭断(黒騎士のレンジャーキーのみで発動)がある。


頭部と腰部はボールジョイントで接続されており、横方向へ大きく動かす事ができます。

肩と股関節は横に大きく広げることが可能です。

右腕には横ロール軸があり、肘は90度まで曲がります。

左腕の場合、右腕と同じ可動範囲ですが、肘の部分が豪獣レックスの下顎と干渉します。
下顎を動かしたとしても、曲がるのは90度までです。

膝は約135度まで曲がるほか、接続部に横ロール可動があります。


装備解説


ドリル
豪獣神の右腕であり最大の武器。
豪獣ドリル時では機首、豪獣レックス時では尾を構成する。
高速回転させて相手を貫くだけでなく、先端の刃の部分で斬り付けるということも可能。
通常のドリル形態のほか、三又に展開して電撃を放つトライデントモード、大きく開いて高速回転し、相手の攻撃を防ぐシールドモードにもなる。

左腕
豪獣レックス時では頭部を構成する。
戦闘時には豪獣レックスの頭部に変形させ、噛み付き攻撃を行うことが可能。
それだけではなく、相手に食らいついた状態でドリルのように回転、振り回すこともできる。


豪獣ゴーカイオー
かつてのアバレブルー・三条幸人(さんじょう ゆきと)から告げられた本当のアバレンジャーの大いなる力
豪獣神のコックピットにアバレキラー、ゴーカイオーのコックピットにアバレッド・アバレブルー・アバレイエロー・アバレブラックのレンジャーキーを同時にセットする事で発動するゴーカイオーの爆竜戦闘形態である。
合体方式としては、ゴーカイオーの両腕を豪獣神の両腕に変換したものとなっている(合体する際、ゴーカイシルバーが操縦席ごとゴーカイオーの集合コックピットに移動する)。
右腕のドリルと左腕の顎を武器にする他、レンジャーキーをセットせずにゴーカイ電撃ドリルスピンを使用することが可能。
必殺技は右腕のドリルと左腕の顎の連続攻撃ゴーカイレックスドリル


豪獣ゴーカイオーへ合体させると、ゴーカイオーの両腕と豪獣神のボディが余ってしまいます。
そんな時は豪獣神にゴーカイオーの腕を取り付けてみましょう。
さしずめ、豪獣神アナザーアーム(勝手に命名)と言ったところでしょうか?



戻る