×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1/144HG RGE-B790 ジェノアス
機体解説(説明書より)
地球連邦軍の量産型MS(モビルスーツ)。
汎用性が非常に高く、重力下と宇宙空間両方の環境においても、大がかりな仕様変更をおこなうことなく運用できる。
あらゆる部隊に数多く配備され、部隊ごとのチームカラーや、パイロットの特性に合わせてチューンナップされたカスタム機など、バリエーションも極めて豊富。

パイロット:ラーガン・ドレイス、および地球連邦軍一般兵


TVアニメ「機動戦士ガンダムAGE(エイジ)」に登場する、地球連邦軍の汎用主力モビルスーツ。
UE(アンノウン・エネミー)によるスペースコロニー「エンジェル」襲撃事件『天使の落日』を受け、作業用人型重機『MS(モビルスタンダード)デスペラード』を元に開発されました。
しかし、強力な武装と強固な装甲を持つUEには敵わず、ガンダムAGE-1の完成まで苦戦を強いられています。
画像のキットは部分塗装やスミ入れを施していますが、素組みの状態でもほぼ設定どおりの色分けが再現されています(別売のバンダイ製「アクションベース」シリーズに対応)。
ちなみに、キットのカラーリングはスペースコロニー「ノーラ」のアリンストン基地配備機のもので、劇中には青と白を基調とした地球連邦軍制式採用カラーのジェノアスが登場しています。
また、無料ゲーム筐体「ゲイジングバトルベース」には訓練機カラーのジェノアスが登場します。

頭部のバイザーはクリアパーツで再現され、それを取り外すと内部メカの細かいモールドが現れます(画像では塗装を施しています)。

素組みの場合、内部メカの部分には付属のホイルシールを貼り付けます(私の場合、シールの中央部分をくり抜いて使用しました)。

腹部はボールジョイントで前後を接続するという独特の方式をとっており、横方向に大きく可動します。

肘は二重関節ではありませんが、手首の可動と合わせて100度近く曲がります。

肩は若干ですが、前にせり出すことができます。

膝は二重関節で大きく曲がり、HGダブルオーガンダムやHGダブルオークアンタのように大きく開脚させる事ができます。

太腿には横ロール可動がありますが、股関節の前後スイングはありません。
なお、第1話で見せた片膝を付いた射撃ポーズをとらせることはできません。

オプションパーツとして表情のついた左平手パーツが付属しています。


装備解説


ビームスプレーガン
ジェノアスのメイン武装。
ビームを発射できるが、UEに対して有効なダメージを与える事ができない。
ビームスプレーガンのセンサー部は付属のホイルシールで再現。
また、別売のHGガンダムAGE-1に持たせれば、第2話のワンシーンを再現できます。
※障害物を排除する為とはいえ、人の近くに発砲してはいけません


ヒートスティック/ビームサーベル
シールド(後述)に収納されているジェノアスの格闘兵装。
先端部から高熱を発生させる事で対象物を溶断する。
キットではヒートスティックの先端パーツ以外に、ビームサーベル用のクリアピンク成型のビームパーツが2本付属しています。
なお、グリップパーツは1つしか付属していないので、ビームパーツの1つは予備になります。


シールド
ヒートスティック(ビームサーベル)のラックを兼ねたジェノアス専用シールド。
小型で取り回しがよく、左右どちらの腕にも装着可能。
キットでは設定どおり、ヒートスティックを収納できます。



戻る