×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1/144HG RGE-C350 シャルドール改
機体解説(説明書より)
マッドーナ工房に代表される民間の企業体で開発・生産されていたものを、軍が正式採用して改修を加えた機体。

もともとカスタムベースとしての素体があり発注主のオーダーによって個別の改造が施されることを前提とした機体であったことから、採用に当たってはその豊富な仕様サンプルの中から特に優秀なものが吟味されている。
かつてウルフ・エニアクルが「ガンダム」に似せるようにと発注し、素体に改造が施されて完成したGエグゼスの意匠が散見できるのもその結果である。
アデル、ジェノアスUと並んでヴェイガンとの戦いが激化する中で連邦軍を支えた機体であり、特に民間から臨時登用されたパイロットたちからの人気を博した。

パイロット:地球連邦軍一般兵


TVアニメ「機動戦士ガンダムAGE(エイジ)」の第2部・アセム編に登場する地球連邦軍主力モビルスーツの一機。
民間のMS(モビルスーツ)工房・マッドーナ工房が開発したMSシャルドールGエグゼスのデータを基に改修・発展させた機体です。
機動戦士ガンダムAGEの公式外伝「追憶のシド」では宇宙海賊ビシディアンが運用するカスタム機シャルドール・ローグが登場しています。
キットはHG Gエグゼスの成型色と一部パーツを変更したバリエーションキットのため、可動範囲はほぼ同じです。
画像のキットは部分塗装やスミ入れを施していますが、素組みの状態でもほぼ設定どおりの色分けが再現されています(別売のバンダイ製「アクションベース」シリーズに対応)。

シャルドール改の両肩と両脚にはハードポイントがあり、ユーザーによる改造の幅を広げてくれます。

オプションパーツとして、左平手パーツと左握り拳パーツが付属しています。


装備解説


ドッズガン
シャルドール改のメイン武装。
この装備の原型は、宇宙要塞アンバット攻防戦時に民間のMS工房マッドーナ工房がガンダムAGE-1のドッズライフルのデータを基に開発・製造したものである。


ビームサーベル
バックパックに標準装備されているシャルドール改の格闘兵装。
ビームの刃を形成することで、対象物を溶断する。
バックパックのビームサーベルラックには回転軸があり、設定通りねじ巻きのように回すことができます。


ビームバルカン
頭部両サイドに装備された牽制用の兵装。
低出力のビーム弾を断続的に発射できる。
劇中では使用されませんでした。


シールド
ベースとなったシャルドール及びGエグゼスに装備されているものと同じ形状ではあるが、防御力が向上している。

シールドの接続方法はHG Gエグゼスと全く同じです。


戻る