×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1/144HG RGE-B790CW ジェノアスカスタム
機体解説(説明書より)
地球連邦軍量産型MS(モビルスーツ)ジェノアスを、パイロットの特性に合わせてチューンナップした機体。
真っ白なパーソナルカラーは「白き狼」の異名を持つウルフ・エニアクル専用機であることを示している。
運動性が大幅に向上しているが、操縦の難易度も格段に上がっている。
また武装もより強力なものに変更されている。

パイロット:『白き狼』ウルフ・エニアクル


TVアニメ「機動戦士ガンダムAGE(エイジ)」に登場する地球連邦軍中尉、ウルフ・エニアクルのカスタム機。
地球連邦軍の主力MS(モビルスーツ)ジェノアスをベースに、民間のMS工房マッドーナ工房が改修を施しました。
ジェノアスを上回る性能を得た反面、扱いづらい機体となってしまいましたが、ウルフは難なく乗りこなしています。
本編では第4話から登場したのですが、第8話でウルフが別の機体に乗り換えるためあまり出番がありませんでした(T_T)
キットはHGジェノアスの成型色と一部パーツを変更したバリエーションキット(ただし、左平手パーツは付属せず)のため、可動範囲は通常のジェノアスと同じです。
画像のキットは部分塗装やスミ入れを施していますが、素組みの状態でもほぼ設定どおりの色分けが再現されています(別売のバンダイ製「アクションベース」シリーズに対応)。

ジェノアス(一般機)との比較


頭部
ジェノアスのバイザーが濃いクリアブルーであるのに対し、ジェノアスカスタムのバイザーはクリアグリーンになっています。
また、ジェノアスカスタムの頭頂部にはカメラアイと一体化したブレードアンテナが追加されています。

頭部・内部メカ
ジェノアスが単眼タイプであるのに対し、ジェノアスカスタムにはツインアイのような意匠があります。

肩部
ジェノアスにはスラスターが前後と側面に3つあるのに対し、ジェノアスカスタムには少し大きめのスラスターが側面だけにあります。

バックパック
ジェノアスのものは大型のスラスターが一つだけであるのに対し、ジェノアスカスタムのものはバックパックが大型化されスラスターも2基に増設されています。


装備解説


ビームスプレーガンVB
ジェノアスカスタムのメイン武装。
ビームスプレーガンをベースに、出力の向上とナイフ型の銃剣が追加されている。
先端部のナイフ型銃剣は取り外し、手に持たせることもできます。
でも、本編で使われた描写がないんですよね…。


ヒートスティック/ビームサーベル
シールド(後述)に収納されているジェノアスカスタムの格闘兵装。
先端部から高熱を発生させる事で対象物を溶断する。
キットではヒートスティックの先端パーツ以外に、ビームサーベル用のクリアピンク成型のビームパーツが2本付属しています。
なお、グリップパーツは1つしか付属していないので、ビームパーツの1つは予備になります。
こちらも本編で使われた描写がないんですよね…。


シールド
ヒートスティック(ビームサーベル)のラックを兼ねたシールド。
小型で取り回しがよく、左右どちらの腕にも装着可能。
キットでは設定どおり、ヒートスティックを収納できます。
なお、ウルフのパーソナルマークはマーキングシール(テトロンシール)で再現されます(一つは予備)。


マーカーショット
連邦軍のMSによる模擬戦で使用されるペイント銃。
連邦軍に登録されたMS限定ではあるが、命中すると電流が流れ擬似的にダメージを再現する。
武器としての威力は皆無だが、目潰しとして使うことは可能。
キットではグレー一色で成形されているため、ダークイエローで塗装しています。
また、別売のHGガンダムAGE-1に持たせれば、第4話の模擬戦シーンを再現できます。



戻る