×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

1/144HG RGE-1100 アデル
機体解説(説明書より)
ジェノアスシリーズに代わる地球連邦軍の主力量産型MS。

ガンダムAGE-1の基本フレームを発展させたフレームが採用され、武装などを兼用することができる。
だが主要火器としては新規設計のドッズライフルが用意されており、こちらはAGE-1と同程度の威力を保ちながらもセンサーの強化によって精密射撃時のモード変更などが省略され、コストパフォーマンスの上昇に成功している。
またAGE-1と同様にタイタス、スパローなどへの換装機構も継承されており、局面に応じた装備での運用が可能となっている。
まさに”量産型のガンダム”ともいえる機体で、戦場では数多くの目覚しい戦果が記録されている。

パイロット:地球連邦軍一般兵


TVアニメ「機動戦士ガンダムAGE(エイジ)」の第2部・アセム編から登場する、地球連邦軍の主力モビルスーツ。
ジェノアス系MSに代わる主力機として、ガンダムAGE-1(エイジワン)の基本フレームを基に開発された機体です。
カラーリングを変更したディーヴァ所属部隊機両方にキャノン砲を装備した機体(名称不明)が機体のバリエーションとして登場しています。
キットはHGガンダムAGE-1ノーマルの一部パーツと成型色を変更したもので、2012年2月11日にHG Gバウンサーと同時発売されました。
画像のキットは部分塗装やスミ入れを施していますが、素組みの状態でもほぼ設定どおりの色分けが再現されています(別売のバンダイ製「アクションベース」シリーズに対応)。

頭部のバイザーはクリアパーツで再現され、それを取り外すと内部メカが現れます(画像では塗装を施しています)。
ジェノアスジェノアスカスタムと違い、ツインアイを備えたガンダムタイプに近いものになっています。

アデルはガンダムAGE-1の基本フレームを基にしているということもあって、別売のHGガンダムAGE-1タイタスHGガンダムAGE-1スパローと組み合わせることで、ウェア換装を再現することができます。
ちなみに、タイタスとスパローのウェアに換装したのはディーヴァ所属部隊機のみです。

肩アーマーの可動はHGガンダムAGE-1スパローとほぼ同じです。
なお、この他の可動範囲はベースとなったHGガンダムAGE-1ノーマルと同じなので割愛させて頂きます。

背中のパーツは取り外すことができ、HG Gバウンサーのバックパックを装備させることが可能です(アニメ本編未登場)。

オプションパーツとして表情のついた左平手パーツが付属しています。


装備解説


ドッズライフル
アデルのメイン武装であるビームライフル。
センサー部分が強化されており、ガンダムAGE-1のものと同じ威力でありながら命中精度が向上している。
ドッズライフルは収納されている接続ピンを引き出すことで、腰にマウントさせることもできます。


ビームサーベル
サイドアーマーに標準装備されているアデルの格闘兵装。
ビームの刃を形成することで、対象物を溶断する。
なお、ガンダムAGE-1に装備されていたものの様にビームの出力を調整する事でサーベル(剣)とダガー(短剣)、2つのモードを使い分けられるかは不明。

キットではビームサーベル用のクリアピンク成型のビームパーツが2本づつ付属しています。


シールド
ガンダムAGE-1ノーマルのものと同型のシールド。

シールドの装着方法はHGガンダムAGE-1ノーマルと同じです。



戻る